村上小児科のホームページ 今月の診療予定 先生からのお話

今日は、村上仁です

6月

 新型コロナ感染症の流行は少し収まりつつある傾向ですがまだまだ 注意が必要です。このウィルスの本体の全面解明が出来るのはまだ半年以上かかると思います。お子さんに川崎病によく似た症状があるのは世界中で確認されていましたが、本体は血栓症のようです。全身の血管炎が起こり臓器によって症状は異なりますが、重篤な状態を引き起こします。血栓は血管から全身どこにでもとびますのでそのとんだ臓器によりそれぞれの症状が異なります。自己免疫性疾患と同様に自分の免疫が身体を守るのでなく逆に攻撃するというある意味での裏切りが生じるので、体力の低下した人ではひとたまりもありません。これから規制が緩んでくるとまだ第2波、第3波と流行すると考えますが、誰にもわかりません。正しく恐れている事が大切です。国の経済も待った無しです。このような状態で今まで通りの生活に戻ることはないでしょうから、生活自体も大きな方向転換をしないと生き残れないと思います。生活面では今までのように手洗い、うがいと3才以上のお子さんの外出時のマスクの着用をして下さい。睡眠、食事に気をつけていれば大丈夫です。
 新型コロナウィルスのワクチンの開発が待たれるところですが、世界中であらゆる企業や研究所が競って取り組んでいます。日本で早く開発ができれば良いのですが2年から3年は必要です。その間少なくとも検査法だけは早期に確立させて欲しいものです。
これから秋以降インフルエンザの流行時になるとますます混乱しますのでとにかく毎日の規則的な生活と衛生面に気をつけて過ごしましょう。




毎日帰宅したら、手洗い、うがいを忘れずに。この習慣が感染症を予防します。

●英語ページ●今月の診療予定●今月の先生のお話