村上小児科のホームページ 今月の診療予定 先生からのお話

今日は、村上仁です

10月

   お彼岸が過ぎてようやく朝、夕が秋らしくなりました。
新型コロナウィルス感染症も相変わらず患者さんは増えていますが周囲で重症者の話も余り出ないで何となく気持ちが緩む傾向にありますが、冬場に向かってどのような変化をして来るのか注意深くみていないといけないと思います。シルバーウイークから2週間後の10月になってからどのくらいの感染者の増加が見られるのかが重要です。そもそもこのウィルスは鼻風邪程度の感染症ですが、変異により重症感染症となった訳である程度の感染者が増加することにより自然に市中感染症となる筈ですが、今まで人類が経験したことのない感染症のため未来予測は不可能で経験を積み上げるしか手がない状態です。検査にあまりに頼り過ぎると逆に不安感ばかりが先行してしまうので発熱しても数日様子を見て全身状態を観察してからその後を決めていく姿勢が重要だと思います。
 GO TO キャンペーンですが政策としては間違っていないと思いますが、やはり人が考えることは皆同じで集まる場所と時間帯に問題があると思います。もちろん感染対策をした上である程度の覚悟が必要ですが、行かないという選択肢も是非持ってもらいたいと思います。
 10月からいよいよインフルエンザの予防接種が始まります。多くの医療機関に予約が殺到していると思いますが、冷静に順番に予約を取りますのであまり慌てないでいただきたいと思います。厚労省の提案した接種スケジュールはあくまでも参考程度にして小児の場合も接種優先者ですので10月にワクチンが入荷次第接種を始めます。
 静岡市では新型コロナウィルス感染症の流行の混乱防止のため夜間休日センターでのインフルエンザの検査を行わないことになりました。インフルエンザや他の発熱を生じる感染症との鑑別に臨床症状からの診断もありうるとの事です。治療をしないということではなくあくまでも検査希望による患者さんの集中を防ぎたいというものです。再びコロナウィルスの再流行が見られた場合にどうするのかはその時の判断で乗り切るしかないですが、一次二次の救急医療制度が崩壊しないように地域連携が必要だと思います。
  一般生活では手洗い、うがい、マスクの着用でできる限り感染を防ぎ、睡眠時間と食事に配慮して時々体を動かすことを心がけて下さい。




毎日帰宅したら、手洗い、うがいを忘れずに。この習慣が感染症を予防します。

●英語ページ●今月の診療予定●今月の先生のお話