村上小児科のホームページ 今月の診療予定 先生からのお話

今日は、村上仁です

7月

 梅雨の時期は例年より短く、雨が降る時はこれでもかという位降り、後は梅雨の中休みとなり、猛暑のような天気が続いています。昔の日本とは随分違う季節感となりました。
 感染症としては夏風邪の代表であるプール熱やヘルパンギーナ、手足口病が出現してきています。また食中毒警報が出ていますので、感染性胃腸炎もこの時期は注意したいものです。数年前の腸管出血性大腸炎が多発したのを思い出させますが、体力的に弱っていますとやはり流行する可能性がありますので、特に手洗いはまめに行いましょう。
 サッカーのワールドカップのテレビ観戦で寝不足や食事の乱れが重なりますと、胃腸炎に罹りやすくなり家族にも感染してしまいますので気をつけて下さい。また熱中症なども起こしやすい季節です。栄養バランスと適正な水分補給に努めて下さい。

 静岡県の小児科医会では大切な予防接種の推進を全県で実施しています。地域差がなくなり、全員のお子さんが平等に予防接種が受けられるように各地域から小児科の代表が集まり、協議を重ねています。一部予防接種を受けないグループの方がいる事は承知していますが、団体で生活をする以上は他のお子さんにも移さないというルールは守って頂きたいのです。こどもは他児童と触れ合う事で成長していきます。健やかに育てるには集団生活は大切な環境となります。そのためには集団での病気に対する防衛手段として予防接種が大事になりますので、是非常識的な範囲でかかりつけ医にご相談下さい。




毎日帰宅したら、手洗い、うがいを忘れずに。この習慣が感染症を予防します。

●英語ページ●今月の診療予定●今月の先生のお話